コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駆(け)落ち/駈け落ち/欠(け)落ち カケオチ

デジタル大辞泉の解説

かけ‐おち【駆(け)落ち/×駈け落ち/欠(け)落ち】

[名](スル)
結婚を許されない相愛の男女がひそかによその土地に逃れること。「親に結婚を反対されて―する」
ひそかに逃げること。逐電。出奔。
「あとに残った人は自分の―の為に助かるに違いないと考えた」〈漱石坑夫
(欠け落ち)近世重税・貧困・悪事などから、居住地を離れてよその土地へ逃げること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

駆(け)落ち/駈け落ち/欠(け)落ちの関連キーワードレウキッペとクレイトフォン物語ピュラモスとティスベシスター・キャリーマノン・レスコーハーレクィネードエチオピア物語仮名文章娘節用江戸生艶気樺焼ブラウニングフィルポッツストラデラ玉松 一郎好色五人女ダグー夫人ペグー朝ノイバー露殿物語ハーローシェリー司馬相如

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android