玉林(読み)たまりん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉林
ぎょくりん / ユイリン

中国南部、広西(こうせい)チワン族自治区南東部の地級市。トンキン湾(北部湾)に注ぐ南流江(なんりゅうこう)上流に位置し、黎湛線(黎塘(れいとう)―湛江(たんこう))に沿う。2市轄区、容(よう)県など4県を管轄し、北流(ほくりゅう)市の管轄代行を行う(2016年時点)。人口708万(2014)。玉林盆地は本自治区の穀倉の一つ。水稲の二期作が行われる。経済作物はラッカセイ、ナタネ(アブラナ)、サトウキビなどで、熱帯果樹も多い。中規模の鉄鋼所や食品工場、自治区内最大の自転車工場、缶詰工場がある。また、中国最大の陶磁器生産・輸出基地であるほか、内燃機関の生産も盛ん。付近には北流、博白(はくはく)、陸川(りくせん)などの温泉、容県の経略台真武閣(けいりゃくだいしんぶかく)、都幡(とはん)山、北流市の勾漏洞(こうろうどう)、鬼門関(きもんかん)などの名勝・旧跡が多い。
 イヌ食が盛んな地域として知られる。また容県に属する沙田(さでん)のザボンは有名。[青木千枝子・河野通博・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の玉林の言及

【琳阿弥】より

…生没年不詳。通称を玉林(たまりん)といい足利義満に仕えた。連歌や和歌に堪能であり,能の独立の謡物(うたいもの)である曲舞(くせまい)謡(曲舞)の作詞をも手がけた。…

※「玉林」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉林の関連情報