玉毬杖・玉毬打(読み)たまぎちょう

精選版 日本国語大辞典「玉毬杖・玉毬打」の解説

たま‐ぎちょう ‥ギチャウ【玉毬杖・玉毬打】

〘名〙 小槌に似た八角形の玩具。年始に、魔除けとして(まり)を打ったり、室内に飾ったりする。ぶりぶり毬杖。たまぎっちょう。
御湯殿上日記‐文明一五年(1483)一二月二九日「むろまちとのより御たま木ちやうなともまいる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android