コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉洲 ぎょくしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉洲 ぎょくしゅう

?-? 江戸時代後期の画僧。
文政(1818-30)のころの人。京都永観堂の玉翁(ぎょくおう)の法をつぎ,美濃(みの)(岐阜県)西荘の浄土宗立政(りゅうしょう)寺の住持をつとめる。墨竹画にすぐれた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

玉洲の関連キーワード野呂介石梶田半古桑山玉洲絵事鄙言伊孚九池大雅画論画僧文政

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉洲の関連情報