コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨竹画 ぼくちくが

世界大百科事典 第2版の解説

ぼくちくが【墨竹画】

中国,日本の絵画において水墨で描いた竹をいう。北宋代後半の文人文同(1018‐79)が草書の法と竹のシルエットを結びつけたことから新しい様式的生命を獲得し,これに従弟蘇軾(そしよく)が理論的根拠を与え,文人の墨戯として急速な流行をみるにいたった。墨竹の成立ののちにはいわゆる墨花と呼ばれる墨梅,墨蘭,墨菊等さまざまな主題が取り上げられるようになり,中国画を特色づける一ジャンルである水墨・花卉(かき)・雑画へと展開していく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

墨竹画の関連キーワード玉翁(2)武田耕雲斎蒔田雲処黄檗祖関黄檗来鳳大窪詩仏吉田蔵沢御薗中渠山科李蹊宮崎筠圃岡部南嶽北向雲竹草場佩川柳沢淇園石川侃斎森田資剛丸山南海高克恭呉鎮鄭燮

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android