コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨竹画 ぼくちくが

1件 の用語解説(墨竹画の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぼくちくが【墨竹画】

中国,日本の絵画において水墨で描いた竹をいう。北宋代後半の文人,文同(1018‐79)が草書の法と竹のシルエットを結びつけたことから新しい様式的生命を獲得し,これに従弟の蘇軾(そしよく)が理論的根拠を与え,文人の墨戯として急速な流行をみるにいたった。墨竹の成立ののちにはいわゆる墨花と呼ばれる墨梅,墨蘭,墨菊等さまざまな主題が取り上げられるようになり,中国画を特色づける一ジャンルである水墨・花卉(かき)・雑画へと展開していく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

墨竹画の関連キーワード漢画詩画軸墨絵墨書画山水白絵唐画白画黒扇シャブリエ:10の絵画風小品/piano solo

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone