コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉突き タマツキ

デジタル大辞泉の解説

たま‐つき【玉突き】

室内遊戯の一。撞球(どうきゅう)。ビリヤード。
1の球が次々に他の球に当たるところから》追突された車が前方に押し出されて、次々と前の車に追突すること。「玉突き事故」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たまつき【玉突き】

ビリヤード。撞球どうきゆう。 → ビリヤード
ビリヤードの玉のように、追突された車が次々と前の車にさらに追突すること。 「 -衝突」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の玉突きの言及

【ビリヤード】より

…布(ラシャ)を張りめぐらしたビリヤードテーブル(球台)の上に,白と赤,あるいは番号をつけたボールを置き,手球(てだま)(自分が突くボール)を的球(まとだま)に当てて得点を競う室内スポーツ。撞球(どうきゆう),玉突きともいう。限られたスペースのテーブル上で自分のイメージどおりにボールを走らせるためには,幾何学的・力学的判断を要求されるスポーツである。…

※「玉突き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

玉突きの関連キーワードベル(Heinrich Böll)ビリヤードグリーンハインリッヒ ベル茶館(ちゃかん)トレンティーノルイ(14世)ビリヤードクッションプールバーフェルトハスラー玉転がし衝突撞球ベル

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉突きの関連情報