玉籤集(読み)ぎょくせんしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょくせんしゅう【玉籤集】

垂加神道の書。1727年(享保12),玉木正英の編。8巻。垂加神道で尊重した《日本書紀神代巻,中臣祓などをもととし,垂加神道説を録する。すなわち,巻一より巻五で《日本書紀》神代巻をもとに天人唯一の伝以下88項,巻六で同じく神武天皇巻をもとに頭八咫烏(やたがらす)の伝以下21項,巻七で中臣祓をもとに中臣二字の伝以下9項,巻八で十種神宝・神体勧請伝をもとに十種神宝の伝以下10項をたてて,そこに山崎闇斎正親町公通出雲路信直の説をあげ,さらに正英の説を加えて録した書で,門人に伝授すべきところを示している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android