コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正親町公通 おおぎまち きんみち

6件 の用語解説(正親町公通の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

正親町公通

徳川初・中期の公卿・神道家。号は風水軒・白玉翁。大納言実豊の子。山城生。参議・権中納言権大納言従一位と官位を累進する。垂加神道の創唱者山崎闇斎に入門し、正親町流の神道を創った。また狂歌の才もあった。享保18年(1733)歿、81才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正親町公通 おおぎまち-きんみち

1653-1733 江戸時代前期-中期の公卿(くぎょう),神道家。
承応(じょうおう)2年閏(うるう)6月26日生まれ。延宝5年参議。武家伝奏,権(ごんの)大納言をつとめ,従一位となる。8年山崎闇斎(あんさい)に入門。その垂加神道をつぎ,正親町流神道とよばれた。享保(きょうほう)18年7月12日死去。81歳。号は風水軒,白玉翁。著作に「無窮紀」「三種神器筆記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

正親町公通

没年:享保18.7.11(1733.8.20)
生年:承応2.閏6.26(1653.8.19)
江戸前期から中期にかけての神道家。京都の人で,権大納言正親町実豊と権中納言藤谷為賢の娘との子。風水軒,風水翁,白玉翁,守初斎などと称し,須守霊社と号した。延宝8(1680)年に山崎闇斎に入門,闇斎死去の前に垂加神道の中心文献である『中臣祓風水草』を託され同神道を継承した人物。このため,垂加神道を正親町流神道と呼ぶことがある。参議,権中納言,武家伝奏を歴任し,権大納言従一位となる。公通の門より玉木正英,跡部良顕などが出た。<著作>『正親町公通卿口訣』『甲子祭考』『無窮記』<参考文献>『京都名家墳墓録』

(白山芳太郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおぎまちきんみち【正親町公通】

1653‐1733(承応2‐享保18)
江戸前・中期の公家,神道家。本姓は藤原。権大納言正親町実豊の子。母は中納言藤原為賢の娘。京都に生まれ,参議,中納言を経て1693年(元禄6)武家伝奏,95年権大納言となり,1712年(正徳2)従一位に叙せられた。古典,有職故実に通じ,1680年(延宝8)山崎闇斎に入門して垂加神道を学び,82年(天和2)闇斎の没後一門の中心となったため,垂加神道を正親町流の神道と呼ぶことがある。著書に,南朝正統を論じた《無窮紀》や《甲子祭考》,狂歌集《雅筵酔狂集》などがあり,門人に玉木正英,跡部良顕,吉見幸和らが出た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正親町公通
おおぎまちきんみち

[生]承応2(1653).京都
[没]享保18(1733).7.12.
江戸時代の垂加流の神道家で,狂歌,狂文の作者としても知られる。前権大納言実豊の末子。風水軒,風水翁,白玉翁と称し,守初斎,須守霊社と号した。延宝8 (1680) 年山崎闇斎の門に入り,深く神道をきわめ,その秘奥を伝授された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正親町公通
おおぎまちきんみち
(1653―1733)

江戸前・中期の公家(くげ)で、垂加(すいか)派の神道家。藤原氏。号は白玉翁、守初斎、風水軒。承応(じょうおう)2年6月26日出生。累進して権大納言(ごんだいなごん)となり、武家伝奏(てんそう)も務めた。さらに従(じゅ)一位に上り、享保(きょうほう)18年7月12日没。1680年(延宝8)山崎闇斎(あんさい)に入門、82年(天和2)闇斎の死とともに、その遺言によって垂加神道道統の中心となった。闇斎の主著『風水草』から三種神宝、神籬磐境(ひもろぎいわさか)の伝に関するものを抜いて『持授抄』を編み、また『風水草』に引用の『旧事(くじ)本義玄義』の文を取り出して『自従抄』と命名、いずれも垂加派の秘書として重んじられた。著書『無窮紀(むきゅうき)』では吉野朝(南朝)正統の立場にたって皇統の正系を示した。公通の口授を記録したものに『正親町公通卿口訣(くけつ)』がある。[谷 省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正親町公通の関連キーワード油小路隆貞北小路俊光冷泉為章梅園季保宮崎重政小倉季種忌部坦斎臼井雅胤高屋近文源懿子(1)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone