コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉縄 たまなわ

1件 の用語解説(玉縄の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たまなわ【玉縄】

神奈川県鎌倉市の地名。1512年(永正9)北条早雲が城を築き,戦国時代後北条氏本拠地小田原と並んで要地とした地で,後北条氏の関東制覇の拠点となった。34年(天文3)鶴岡上宮回廊修造のとき,鎌倉・奈良・伊豆番匠とならんで玉縄番匠も作事を担当した(《快元僧都記》)。玉縄の地には北条氏に掌握された番匠集団がいたとみられる。後年番匠五郎三郎は鎌倉の地に給田を与えられている(《小田原衆所領役帳》)。玉縄城主は,氏時(氏綱弟)―為昌(氏綱子)―綱成(福島正成の子,氏綱の女婿)―氏繁(初名康成,綱成子)―氏舜(氏繁子)―氏勝(氏舜弟)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

玉縄の関連キーワード大船鎌倉宮由比ヶ浜鎌倉女子大学光触寺極楽寺坂腰越袖の浦扇ヶ谷谷倉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉縄の関連情報