コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉縄 たまなわ

世界大百科事典 第2版の解説

たまなわ【玉縄】

神奈川県鎌倉市の地名。1512年(永正9)北条早雲が城を築き,戦国時代後北条氏が本拠地小田原と並んで要地とした地で,後北条氏の関東制覇の拠点となった。34年(天文3)鶴岡上宮回廊修造のとき,鎌倉・奈良・伊豆番匠とならんで玉縄番匠も作事を担当した(《快元僧都記》)。玉縄の地には北条氏に掌握された番匠集団がいたとみられる。後年番匠五郎三郎は鎌倉の地に給田を与えられている(《小田原衆所領役帳》)。玉縄城主は,氏時(氏綱弟)―為昌(氏綱子)―綱成(福島正成の子,氏綱の女婿)―氏繁(初名康成,綱成子)―氏舜(氏繁子)―氏勝(氏舜弟)である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

玉縄の関連キーワード神奈川県鎌倉市植木北条氏(後北条氏)神奈川県鎌倉市岡本佐藤 吉五郎大河内正久石塚 友二大河内正綱箱根旧街道大河内正信鎌倉(市)本多正信大多喜藩北条氏規瀬田掃部都筑為政北条氏勝松平正信北条氏繁北条綱成大庭城

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉縄の関連情報