コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉翁正光 ぎょくおう しょうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉翁正光 ぎょくおう-しょうこう

?-? 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。武蔵(むさし)の人。相模(さがみ)最乗寺了庵慧明,能登(のと)総持寺実峰良秀に師事し,越前(えちぜん)竜泉寺の普済善救にまなんで法をつぐ。総持寺,丹波永沢寺の住持をつとめ,嘉吉2年(1442)竜泉寺にうつる。のち越前に金剛院をひらいた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

玉翁正光の関連キーワード室町時代曹洞

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android