コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉英慶瑜 ぎょくえい きょうゆ

1件 の用語解説(玉英慶瑜の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉英慶瑜 ぎょくえい-きょうゆ

?-1481 室町時代の僧,五山文学者。
臨済(りんざい)宗。東洋允澎(とうよう-いんぼう)の法をつぎ,京都嵯峨(さが)の招慶院の住持となる。文明8年遣明副使として竺芳妙茂(じくほう-みょうも)にしたがって明(中国)にわたり,10年帰国。のち京都天竜寺の住持に任じられた。文明13年11月3日死去。俗姓は二階堂

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

玉英慶瑜の関連キーワード元芳正楞古桂弘稽古剣妙快旃室周馥祖渓徳濬存耕祖黙太白真玄平仲中衡綿谷周瓞南江宗沅

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone