コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉蟲敏子 たまむし さとこ

1件 の用語解説(玉蟲敏子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉蟲敏子 たまむし-さとこ

1955- 昭和後期-平成時代の日本美術史学者。
昭和30年4月25日生まれ。昭和55年静嘉堂文庫美術館学芸員となり,のち主任学芸員。平成5年東京国立文化財研究所情報資料部調査員。6年「絵は語る13 酒井抱一筆 夏秋草図屏風―追憶の銀色」でサントリー学芸賞。13年武蔵野美大教授。専門は日本中世・近世美術史。16年「都市のなかの絵―酒井抱一の絵事とその遺響」で国華賞。25年「俵屋宗達―金銀の〈かざり〉の系譜」で芸術選奨文部科学大臣賞。東京都出身。東北大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

玉蟲敏子の関連キーワード松尾敏男上田臥牛上野泰郎鎌倉秀雄川崎春彦瀬木慎一田中日佐夫月岡栄貴福王寺一彦田渕俊夫

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉蟲敏子の関連情報