コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王后 オウコウ

デジタル大辞泉の解説

おう‐こう〔ワウ‐〕【王后】

きさき。皇后

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうこう【王后】

皇后。きさき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の王后の言及

【皇后】より

…后には〈きみ〉と〈のち〉の二つの意味があり,皇后にも至尊の地位を表すとする説,天子の後に従うことをいうとする説がある。周王の正妻は王后とよばれ,皇后の名称が行われるのは,皇帝号の始まった秦の始皇帝以後である。皇后の別称である椒房は,その宮殿を土と椒を交ぜ合わせたもので塗り,温かく香ばしく実の多いことをねがったことによる。…

※「王后」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

王后の関連キーワードエドワード[2世]イニョン王妃の男膳部菩岐岐美郎女高宗(中国、唐)任那(みまな)甲子の士禍朝鮮絵画駕洛国記乙未事変古川玲武烈王光海君東九陵文武王景福宮沈義謙赫居世普雨閔妃士禍

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

王后の関連情報