コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オウ

デジタル大辞泉の解説

おう〔ワウ〕【王】

国などを治める人。
㋐一国の最高主権者。君主。国王。中国では、始皇帝以後「帝」より一級下の称号。
儒教で、道徳をもって天下を治める者。王者。
皇族で、親王宣下(せんげ)のない男子。皇室典範では、天皇の3世(旧制では5世)以下の皇族男子。
同類中、またその道で最もすぐれているもの。「百獣の」「発明
将棋の駒の王将

おう【王】[漢字項目]

[音]オウ(ワウ)(呉)(漢) [訓]きみ おおきみ
学習漢字]1年
天子。君主。「王侯王国王座王子王者王女王政王妃勤王(きんのう)国王女王尊王(そんのう)大王帝王仁王(におう)覇王(はおう)法王魔王四天王(してんのう)
皇族の親族。「女王親王(しんのう)
実力のすぐれたもの。第一人者。「三冠王打撃王
[名のり]たか・み・わか
[難読]親王(みこ)

コキシ【王】

《古代朝鮮語の「こんきし」の撥音の無表記》王(おう)。コニキシ。
「百済(くだら)の―」〈武烈紀〉

コニキシ【王】

《古代朝鮮語》三韓の王。コンキシ。コキシ。
「高麗(こま)の諸(もろもろ)の将、―に言(まを)して」〈雄略紀〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おう【王】

一般的な概念としては一国家,一民族,一部族などの最高支配者のことをいう。小規模な共同体首長から強大な王国の支配者まで,世界史上,さまざまな王の類型が存在するが,通常,複数の国家の最高支配者とされる皇帝とは区別される。歴史的にみれば,古代の諸民族は国家形成の時期には王によって統合・支配されるのが普通で,ギリシアローマ都市国家でも形成期の段階では,戦士貴族のうち,〈同等者中の第一人者〉が王となった。

おう【王】

日本古代において,〈王〉あるいは〈大王〉は,はじめは政治的君主の称として用いられた。金印の〈漢委奴国王〉,《魏志倭人伝》の〈女王国〉,隅田八幡人物画像鏡銘の〈大王〉〈男弟王〉,江田船山古墳出土太刀銘や稲荷山古墳出土鉄剣銘の〈大王〉などがその例である。やがて〈天皇〉の称号が成立すると,天皇の子を皇子皇女,孫以下を王・女王と称したらしい。そして大宝令で,天皇の兄弟姉妹および皇子・皇女を親王・内親王,皇孫すなわち2世以下5世までを王・女王と称し,親王以下4世王までを皇親と定めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おう【王】

国を支配する人。
君主。中国では帝号ができてからは一等下の称号となった。
天皇。 「都に-といふ人のましまして/太平記 26
最高の地位を占めるもの。同類中最もすぐれたもの。 「ホームラン-」 「百獣の-ライオン」
将棋の駒の一。王将。
皇族の男子の中で、親王宣下がなかった者。現制度の皇室典範では、三世以下の嫡男系嫡出の男子。 ↔ 女王

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【王土思想】より

…天の下にひろがる土地はすべて天の命を受けた帝王の領土であり,その土地に住む人民はことごとく帝王の支配を受くべきものとする思想。王土王民思想。…

【マリク】より

…〈支配者〉〈王〉を意味する語。コーランでは神あるいは異民族の王の呼称として用いられ,カリフも自らマリクを称することはなかった。…

【ラージャ】より

…サンスクリットなど古代インドの言語で〈王〉を意味する語。《リグ・ベーダ》の時代にはラージャンrājanの語形が用いられ,部族の首長を意味していた。…

【皇族】より


[明治以前]
 〈皇族〉の語はすでに《続日本紀》に見えるが,明治以前はその用例は少なく,大宝令において定められた〈皇親〉の語が皇族を指す用語となった。令制以前の皇族の称呼を検すると,《古事記》では皇族は男女ともに〈王〉と称するのを通例とし,《日本書紀》では〈王〉のほかに,天皇の子女を〈皇子〉〈皇女〉と呼んで区別しているが,もちろん天皇号成立以後の新しい用語であろう。なお記紀では皇族の名字に尊,命,姫などを付けて呼称した例が多く見えるが,これは本居宣長が指摘するように,皇族に限らず用いられた尊称にすぎない。…

※「王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

王の関連キーワード山背大兄王(やましろおおえのおう)フリードリッヒ(美王)キャバリアーズアーサー王の死エザナストーンワンコーミンワンユンウーワンミンミンナントの勅令ワンハオラン太祖(高麗)アーサー王三十三間堂熊野の宝印王(おお)ワンチェンワン・モンモナーク転輪聖王阿修羅王

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

王の関連情報