コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王照 おうしょうWang Zhao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王照
おうしょう
Wang Zhao

[生]咸豊9(1859)
[没]1933
中国の清末,民国の国語学者。寧河 (河北) の人。号は小航。光緒 20 (1894) 年の進士。康有為らの変法運動に参加,戊戌 (ぼじゅつ) の変法で日本に亡命。帰国後言文一致を主張して,官話字母 (→表音文字 ) をつくるなど文字改革運動の先駆者であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

おうしょう【王照】

1859~1923) 中国、清末・民国初期の学者。字あざなは小航。日本語の仮名にならって官話字母を作り、言語改革に貢献。ワン=チャオ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

王照の関連キーワード【ピン】音官字報国語運動変法運動列女伝チャオ郝懿行戊戌変法進士

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android