コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王禹しょう おううしょうWang Yu-cheng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王禹しょう
おううしょう
Wang Yu-cheng

[生]顕徳1(954)
[没]咸平4(1001)
中国,北宋初の詩人。鉅野 (山東省) の人。字,元之。粉屋の家に生れたが,文才が地方官に認められ,太平興国8 (983) 年進士に及第。右拾遺直史館となり,契丹防御の策を太宗に献じた。知制誥まで昇進したが,剛直な性格であったので人と衝突し,数回にわたって地方への左遷と中央への復帰を繰返した。咸平1 (998) 年頃『太祖実録』の編集にたずさわったが,宰相と衝突したことから,またもや湖北省黄州の知事に出され,王黄州とも呼ばれた。やがてきん州 (湖北省) に移され,赴任直後没した。西崑派全盛の宋初の詩壇にあって,李白,杜甫,白居易の詩を範として強い社会的関心を平淡でしかも明るい表現に包み,新しい宋詩の先駆者となった。また文章でも,きらびやかな美文の流行のなかで,韓愈柳宗元の自由な散文を重んじた。著書『小畜集』 (30巻) ,『承明集』 (10巻) ,『集議』 (10巻) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

王禹しょうの関連キーワード宋詩鈔宋祁石介楊億

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android