コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王禹偁 おううしょう

大辞林 第三版の解説

おううしょう【王禹偁】

954~1001) 中国宋代の詩人・散文家。字あざなは元之。古文を主唱し、宋詩の散文化、議論化の気風を切りひらいた。文集「小畜集」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王禹
おううしょう
(954―1001)

中国、北宋(ほくそう)の詩人。字(あざな)は元之。済(せい)州(山東省)の人。粉ひき業者の子といわれる低い身分から、科挙を経て官僚となった経歴は、宋代士大夫の典型の早い例である。(き)州(湖北省)の長官になったときに死亡した。当時、宋代独自の詩は生まれていなかったなかで、彼は五言は杜甫(とほ)を学び、七言は白居易を学んで、平弱といわれながらも、平静淡泊ななかに知性と社会批判とを盛り込んで、宋詩の風気の先駆けとなった。『小畜集』30巻、同外集7巻がある。[入谷仙介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の王禹偁の言及

【宋詩】より

…太宗から真宗時代にかけて,ようやく復興の機運が起こったが,詩においては晩唐の李商隠の晦渋できらびやかな詩を形式的に模倣する西昆(せいこん)体が流行したにすぎなかった。ただ王禹偁(おううしよう)(954‐1001)が,平静淡泊な中に,社会批判をこめた独自の詩を作り,宋詩の第一声とされる。仁宗時代に入り,散文の分野で古文を提唱して文体を改革した欧陽修を先頭に,梅尭臣,蘇舜欽(そしゆんきん)らが新しい詩を作りだし,たちまち詩風は一変した。…

※「王禹偁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

王禹偁の関連キーワード白居易宋詩膏血文集散文

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android