コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現代美術と写真 げんだいびじゅつとしゃしんcontemporary art & photography

知恵蔵の解説

現代美術と写真

1980年代にポストモダンの傾向が定着して以来、現代美術と写真との境界はほとんどなくなってしまった。各国で開催される現代美術のフェスティバルを訪ねると、出品作の半分以上が写真、ビデオ、コンピューター・グラフィックスなどの映像写真で占められていることがよくある。ドイツ出身のヴォルフガング・ティルマンスが2000年に美術界で権威のあるターナー賞を受賞したように、写真家が現代美術の世界で評価されることも珍しくなくなった。日本でも近年、杉本博司森村泰昌、やなぎみわ、オノデラユキなどが美術館で大規模な個展を開催している。また、彼らの作品は現代美術のオークションなどでも高額で取引されている。写真を使った作品が増えた理由の1つに、70年代のコンセプチュアルアート以後、現代美術の表現があまりにも高度になり、一般観客にはわかりにくくなってしまったということがある。そのような中で現実世界をリアルに描写できる写真の能力を取り入れることで、現代美術を活性化しようとする動きが出てきたのだ。

(飯沢耕太郎 写真評論家 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

現代美術と写真の関連キーワード黒人問題印僑醸造業RCA情報化社会平山郁夫ウェンツェルアフリカン・アメリカン音楽工業薬品工業高齢者事業団

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android