コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現図場 げんずばmould loft

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現図場
げんずば
mould loft

造船所において,設計図から原寸図に拡大して,部材寸法を決定する場所。材料の加工にあたって,切断,曲げ,穴あけなど精密な作業を進めるためには,原寸図によって細かく寸法を決定する必要がある。現図場は作業の性質上,採光通風,照明設備を十分にし,風やほこりの侵入を防ぐ配慮がしてあり,大工道具を主として,各種測定器具を備えている。しかし,最近は縮尺現図法が採用され,従来のような広い場所を必要としなくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

げんずば【現図場】

原寸大の船の設計図を描いた場所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

現図場
げんずば

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

現図場の関連キーワード原寸大造船所

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android