現図場(読み)げんずば(英語表記)mould loft

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現図場
げんずば
mould loft

造船所において,設計図から原寸図に拡大して,部材寸法を決定する場所。材料の加工にあたって,切断,曲げ,穴あけなど精密な作業を進めるためには,原寸図によって細かく寸法を決定する必要がある。現図場は作業の性質上,採光通風,照明設備を十分にし,風やほこりの侵入を防ぐ配慮がしてあり,大工道具を主として,各種測定器具を備えている。しかし,最近は縮尺現図法が採用され,従来のような広い場所を必要としなくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android