コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現石 ゲンコク

大辞林 第三版の解説

げんこく【現石】

江戸時代、草高くさだかのうち、領主が現実に年貢として徴収できる石高。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

現石の関連キーワードインダストリアル・デザイン吉野川(四国)佐久良東雄旧宅白保サンゴ礁勝山(市)江戸時代井上伝蔵版籍奉還滝平二郎恵庭事件子母沢寛稲葉興作梅浦精一知藩事気象台大聖寺菅原荘若山荘横尾竜浜益

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android