現金出納帳(読み)げんきんすいとうちょう(英語表記)cash book

日本大百科全書(ニッポニカ)「現金出納帳」の解説

現金出納帳
げんきんすいとうちょう
cash book

現金勘定に記入されるすべての取引を記帳する帳簿をいう。換言すれば、現金収支に関する明細を記録するための帳簿をいう。現金出納帳を現金収入帳と現金支払帳に分けることもある。特殊仕訳帳としての現金出納帳の記帳上のおもな留意点としては、(1)勘定科目欄には、仕訳上、現金勘定が記録される側とは反対側の勘定科目(相手勘定科目)を記入する、(2)相手勘定科目に特殊仕訳帳が設定されている場合、または、特別欄が設けられている科目の場合は、該当する総勘定元帳の勘定口座に個別に転記せずに、元丁欄にチェックマーク(✓)をつけ、総勘定元帳には後でまとめて合計転記を行うなどの記帳方法がある。

 現金の出納を記録する点で同じといえる帳簿に小口現金出納帳がある。それは、交通費や文房具代、雑費などの小口(少額)の現金による購入または支出取引の出納を記録する帳簿である。

[近田典行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「現金出納帳」の解説

げんきん‐すいとうちょう〔‐スイタフチヤウ〕【現金出納帳】

現金の収入・支出の明細を記録し、残高を明らかにするための帳簿。金銭出納帳

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「現金出納帳」の解説

げんきん‐すいとうちょう ‥スイタフチャウ【現金出納帳】

〘名〙 金銭の収支を記録する帳簿。〔英和商業新辞彙(1904)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android