コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

球麻痺 きゅうまひ

百科事典マイペディアの解説

球麻痺【きゅうまひ】

延髄の運動核の障害による麻痺のこと。球は延髄の慣用語で,舌,咽頭(いんとう),口蓋,喉頭(こうとう)などの筋の運動を支配する脳神経核があるため,延髄の損傷でしばしば咀嚼(そしゃく),嚥下(えんげ),さらに構音の障害をきたす。舌の著明な萎縮(いしゅく)を伴う進行性球麻痺はその典型的な例であるが,延髄の出血とか,炎症による急性の球麻痺は致命的となることが多い。延髄より上部の両側性脳損傷でもよく似た症状を呈するが,舌の萎縮はなく,仮性球麻痺として区別する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の球麻痺の言及

【運動麻痺】より

…これらの脳神経領域の随意運動も大脳皮質の上位運動ニューロンによって支配されているため,これが損傷を受けるとやはり脳神経領域の運動麻痺が生ずるが,そのような場合は核上性脳神経麻痺と呼ばれている。また三叉,顔面,迷走,舌下神経などの下部脳神経が広範囲にわたって侵され,発声,発語,嚥下,咀嚼,表情の麻痺をおこした状態は球麻痺bulbar palsyと呼ばれるが,これと同様の症状が上位運動ニューロンの損傷で生じたものは仮性球麻痺といわれる。
[体幹と体肢の麻痺]
 体幹・体肢の麻痺は,侵される筋肉の分布により,さらにいくつかに分類される。…

※「球麻痺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

球麻痺の関連キーワードボツリヌス菌食中毒運動ニューロン疾患筋萎縮性側索硬化症重症筋無力症食中毒

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android