琴似屯田兵村兵屋跡(読み)ことにとんでんへいそんへいおくあと

国指定史跡ガイドの解説

ことにとんでんへいそんへいおくあと【琴似屯田兵村兵屋跡】


北海道札幌市西区琴似にある明治初期の屯田兵の住居跡。1874年(明治7)の建築で、1875年(明治8)に清野専次郎に与えられた第133号兵屋(へいおく)が周囲の道路とともに残っているもの。この兵屋を含む琴似屯田兵村は、屯田兵第1大隊第1中隊であり、週番所(中隊本部)、練兵場、学校、墓地などの中心施設を南側に集め、その北側に208戸の兵屋を密集させ、周囲に1戸当たり5000坪の農地を配していた。そのために農地が兵屋から遠いという欠点が問題になり、以降の屯田兵村では農耕地と兵屋を近接させるようになったという。兵屋は開拓顧問ケプロンの意見に基づいて、一戸建てとなった。1982年(昭和57)に国指定史跡となった。屋根は柾(まさ)葺きでトイレは戸外にあり、土間、囲炉裏(いろり)、縁(ふち)なしの障子雨戸台所などが残されている。地下鉄東西線琴似駅から徒歩約3分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android