コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琴操 きんそう Qín cāo

1件 の用語解説(琴操の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きんそう【琴操 Qín cāo】

中国の琴書。後漢蔡邕(さいよう)(字伯喈,132‐192)著。1巻(2巻に分けた板本もある)。古代の琴曲と作者を解説したもの。50曲の収録曲目は,歌詩五曲,十二操,九引,河間雑歌に分け,失われた4曲を除きすべて解題がほどこされている。作曲年代は太古にさかのぼるものもあるが,主として春秋戦国時代の作と伝えられるものが多く,孔子や伯牙の作も収められている。音楽的内容は不明。《鹿鳴》《将帰操》《拘幽操》などは明代以後の琴譜に同名曲が収録される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

琴操の関連キーワード後漢後漢書蔡邕柯亭琴の琴焦尾琴歳用最要箏の琴

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone