コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琴操 きんそうQín cāo

1件 の用語解説(琴操の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きんそう【琴操 Qín cāo】

中国の琴書。後漢蔡邕(さいよう)(字伯喈,132‐192)著。1巻(2巻に分けた板本もある)。古代の琴曲と作者を解説したもの。50曲の収録曲目は,歌詩五曲,十二操,九引,河間雑歌に分け,失われた4曲を除きすべて解題がほどこされている。作曲年代は太古にさかのぼるものもあるが,主として春秋戦国時代の作と伝えられるものが多く,孔子や伯牙の作も収められている。音楽的内容は不明。《鹿鳴》《将帰操》《拘幽操》などは明代以後の琴譜に同名曲が収録される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone