コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琴鳥 コトドリ

デジタル大辞泉の解説

こと‐どり【琴鳥】

スズメ目コトドリ科の鳥。全体に灰褐色。全長はが約90センチ、雌が約50センチで、雄の尾羽は長く、内側の14枚はレース状、外側の2枚はS字状で竪琴に似る。近縁種に、尾がこれよりやや短いアルバートコトドリがあり、ともにオーストラリアに分布。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ことどり【琴鳥】

スズメ目コトドリ科の鳥。全長約1メートルで、スズメ目では最大。羽色は全体に茶色。雄の尾は70センチメートルに及び、形が西洋古代の竪琴たてごとに似る。森林の地上で生活し、他の鳥の鳴き声や物音を巧みにまねる。雄はテリトリーの中に直径1メートルほどの踊り場をいくつも作り、誇示行動を行う。オーストラリア東部に二種が分布。オーストラリアの国鳥。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

琴鳥 (コトドリ)

学名:Menura novaehollandiae
動物。コトドリ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

琴鳥の関連キーワードテリトリーファーフィ踊り場羽色国鳥

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android