瑞宝大綬章(読み)ずいほうだいじゅしょう

勲章・褒章がわかる事典の解説

ずいほうだいじゅしょう【瑞宝大綬章】

日本の勲章の一つで、瑞宝章の最高位。2002年(平成14)8月の閣議決定「栄典制度の改革について」により、それまでの勲一等瑞宝章から名称が変更された。翌2003年5月の閣議決定「勲章の授与基準」によれば、公共的な職務の複雑度、困難度、責任の程度などを評価し、特に重要と認められる職務をはたし成績をあげた人に対して、2番目の瑞宝重光章以上を授与するとなっている。したがって、重光章を格段に上回ると判断された場合に、この大綬章が授与されることになる。事務次官や検事総長、会計検査院長、主要大学の学長などを経験した人のなかから選ばれることが多い。授与式は旭日大綬章と同様、皇居正殿松の間で行われ、天皇が勲章を親授する(親授式)。◇英訳名はGrand Cordon of the Order of the Sacred Treasure。

出典 講談社勲章・褒章がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瑞宝大綬章の関連情報