コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑞宝重光章 ずいほうじゅうこうしょう

1件 の用語解説(瑞宝重光章の意味・用語解説を検索)

勲章・褒章がわかる事典の解説

ずいほうじゅうこうしょう【瑞宝重光章】

日本の勲章の一つで、瑞宝章のうち、瑞宝大綬章に次ぐ。2002年(平成14)8月の閣議決定栄典制度の改革について」により、それまでの勲二等瑞宝章から名称が変更された。翌2003年5月の閣議決定「勲章の授与基準」によれば、公共的な職務の複雑度、困難度、責任の程度などを評価し、特に重要と認められる職務をはたし成績をあげた人に対して、瑞宝重光章以上を授与するとなっている。一般行政事務では事務次官が対象となるほか、高裁判事や大学の学長などが多い。授与は皇居正殿松の間で行われるが、天皇による親授ではなく、内閣総理大臣が受章者に伝達する(伝達式)。そのあと配偶者とともに豊明殿で天皇に拝謁する。◇英訳名はThe Order of the Sacred Treasure, Gold and Silver Star。

出典|講談社
勲章・褒章がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

瑞宝重光章の関連情報