瑠璃紺(読み)るりこん

色名がわかる辞典の解説

るりこん【瑠璃紺】

色名の一つ。JISの色彩規格では「こいみの」としており、文章表現では瑠璃色と同じだが、色を数値で表した場合は瑠璃色よりも少し濃くなっている。一般に、艶のある紫みを帯びた紺色のこと。仏教用語でいう紺瑠璃と同じとされる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

るり‐こん【瑠璃紺】

光沢のある紫がかった紺色の瑠璃。また、その色。紺瑠璃。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

るり‐こん【瑠璃紺】

〘名〙 紺色で光沢のある瑠璃。また、その色。紺瑠璃。〔邇言便蒙抄(1682)〕
※随筆・反古染(1753‐89頃)「小袖の染色は〈略〉明和の頃留り紺、桔梗」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瑠璃紺の関連情報