コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環境収容力 かんきょうしゅうようりょくcarrying capacity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

環境収容力
かんきょうしゅうようりょく
carrying capacity

ある環境条件の地域 (空間) の中で特定の種が維持しうる最大個体数。人間が対象となる場合は特に「人口支持力」と訳されることが多い。主として土壌動物相植物相などの環境条件に強く規定される焼畑農耕民狩猟採集民について研究され,適正人口密度が推定されてきた。農耕民の場合には,環境条件はもとより耕作技術の違いがこの値を大きく左右する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんきょう‐しゅうようりょく〔クワンキヤウシウヨウリヨク〕【環境収容力】

ある環境下において、持続的に維持できる生物の最大個体数、または生物群集の大きさ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

環境収容力の関連キーワードロジスティック方程式対数増殖期ケイ淘汰

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

環境収容力の関連情報