コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環境経済学 かんきょうけいざいがく

大辞林 第三版の解説

かんきょうけいざいがく【環境経済学】

経済活動と環境の関係を研究する学問領域。環境汚染や自然破壊の原因と影響、環境保全の政策などを市場と計画の役割などに即して研究する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

環境経済学【かんきょうけいざいがく】

地球環境の保全策と経済政策との関係や環境の危機を回避できる経済社会のあり方などを経済学的に検討する学問。1980年代後半,〈持続可能な発展〉が地球環境保全施策の基本的な概念として提唱されたことや,文部省が大学で環境問題の講義を行うよう求めたことなどから,環境経済学の研究者が急増した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

環境経済学の関連キーワード総合地球環境学研究所山村再生プロジェクトミクロ経済学交通経済学エコロジー畜産公害ピグー税宇沢弘文大島堅一宮本憲一自然破壊環境汚染

環境経済学の関連情報