コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓜生重 うりゅう しげし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瓜生重 うりゅう-しげし

?-? 鎌倉-南北朝時代の武将。
瓜生保の弟。建武(けんむ)3=延元元年(1336)義鑑(ぎかん)ら兄弟とともに南朝方につき,越前(えちぜん)(福井県)杣山(そまやま)城で脇屋義治をたてて挙兵。その後新田義貞のもとでたたかう。義貞の戦死後,暦応(りゃくおう)3=興国元年脇屋義助にしたがい,越前黒丸城の斯波高経(しば-たかつね)を敗走させた。その後の消息は不明。通称は兵庫助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

瓜生重の関連キーワード南北朝時代瓜生保

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android