コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脇屋義治 わきや よしはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

脇屋義治 わきや-よしはる

1323-? 南北朝時代の武将。
元亨(げんこう)3年生まれ。脇屋義助(よしすけ)の子。箱根竹ノ下の戦いに13歳で初陣。以後南朝方として伯父の新田義貞,父義助にしたがって各地を転戦した。応安元=正平(しょうへい)23年(1368)越後(えちご)での戦いに敗れて出羽(でわ)にのがれ,その後の消息は不明。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

脇屋義治の関連キーワード南北朝時代底倉之記瓜生保母脇屋義則児島高徳瓜生照河村城瓜生重林源琳瓜生保元亨義鑑

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android