脇屋義治(読み)わきや よしはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

脇屋義治 わきや-よしはる

1323-? 南北朝時代の武将。
元亨(げんこう)3年生まれ。脇屋義助(よしすけ)の子。箱根竹ノ下の戦いに13歳で初陣。以後南朝方として伯父の新田義貞,父義助にしたがって各地を転戦した。応安元=正平(しょうへい)23年(1368)越後(えちご)での戦いに敗れて出羽(でわ)にのがれ,その後の消息は不明。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android