コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓜生保 うりゅうたもつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瓜生保
うりゅうたもつ

[生]?
[没]延元2=建武4(1337)
南北朝時代の武将。越前南条の住人。建武2 (1335) 年,建武政権にそむいた名越時兼を加賀大聖寺に攻め自殺させた。同年,新田義貞の挙兵に応じたが,翌年,足利尊氏方につき,越前金崎城に義貞を攻めた。しかし,弟の義鑑,照,重ら3人が,義貞の甥脇屋義治に従って杣山城に挙兵したので,保も足利の陣を逃れて義治の陣営に参じ,足利方の高師泰斯波高経らを破った。翌延元2=建武4 (37) 年金崎城の義貞救援に向い,途中,高師泰,今川頼貞と戦って戦死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瓜生保 うりゅう-たもつ

?-1337 鎌倉-南北朝時代の武将。
越前(えちぜん)(福井県)杣山(そまやま)城主。建武(けんむ)3=延元元年足利方の斯波高経(しば-たかつね)にしたがい,越前金ケ崎城の新田義貞を攻める。弟3人が義貞の甥(おい)脇屋義治をたてて挙兵すると,呼応して足利方にそむく。建武4=延元2年1月12日金ケ崎城の義貞救援にいく途中,弟の義鑑(ぎかん)とともに今川頼貞に討たれた。通称は判官

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うりゅうたもつ【瓜生保】

?~1337) 南北朝時代の武将。越前杣山そまやま城主。足利尊氏方にあったが、三人の弟が新田義貞の甥おい脇屋義治を奉じて挙兵するや、転じて南朝方として斯波高経・高師泰こうのもろやすらと戦った。金崎城救援の途次敗死。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瓜生保
うりゅうたもつ
(?―1337)

南北朝時代の武将。嵯峨(さが)源氏の流れといわれ、判官と称し越前(えちぜん)(福井県)に住した。1335年(建武2)中先代(なかせんだい)の乱に際し、北条一族の名越時兼(なごえときかね)が北国で挙兵すると、保らは加賀大聖寺(だいしょうじ)にこれを攻めて滅ぼした。36年(延元1・建武3)保は斯波高経(しばたかつね)らに属し、新田義貞(にったよしさだ)を越前金ヶ崎(かねがさき)城に攻めた。しかし保の3人の弟(重(しげし)、照(てらす)、僧義鑑)が義貞の甥(おい)の脇屋義治(わきやよしはる)を奉じ杣山(そまやま)城に挙兵しようとしているのを聞くとこれに合流し、逆に高経軍を敗退させた。37年(延元2・建武4)金ヶ崎城の救援に向かったが途中、今川頼貞(よりさだ)と戦い、弟の義鑑とともに戦死した。[小要 博]
『千々和実編『新田氏根本史料』(1974・国書刊行会) ▽『日本古典文学大系 太平記 第二巻』(1961・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

瓜生保の関連キーワード杣山城跡藤島の戦瓜生照瓜生重林源琳瓜生

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android