コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義鑑 ぎかん

1件 の用語解説(義鑑の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義鑑 ぎかん

?-1337 鎌倉-南北朝時代の僧。
建武(けんむ)3=延元元年新田義貞の甥(おい)脇屋義治(よしはる)を奉じ,越前(えちぜん)(福井県)杣山(そまやま)城に挙兵。足利尊氏方にくみしていた兄瓜生(うりゅう)保もこれに合流。建武4=延元2年義貞の救援にむかったが,今川頼貞(よりさだ)とたたかい,同年1月12日兄とともに戦死。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

義鑑の関連キーワード尊良親王グッドデザイン賞瓜生保元元集寂地山シャルル勅撰作者部類新田義顕妙心寺阿蘇五岳

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

義鑑の関連情報