コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義鑑 ぎかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義鑑 ぎかん

?-1337 鎌倉-南北朝時代の僧。
建武(けんむ)3=延元元年新田義貞の甥(おい)脇屋義治(よしはる)を奉じ,越前(えちぜん)(福井県)杣山(そまやま)城に挙兵。足利尊氏方にくみしていた兄瓜生(うりゅう)保もこれに合流。建武4=延元2年義貞の救援にむかったが,今川頼貞(よりさだ)とたたかい,同年1月12日兄とともに戦死。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

義鑑の関連キーワード南北朝時代鹿子木寂心一万田鑑相大友義鑑徹通義介大内義隆一条房基一条兼定大内義長瓜生保母菊池義武佐伯惟治大友宗麟大友氏肥後国杣山城林源琳瓜生保瓜生重瓜生照

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android