瓢簞山古墳(読み)ひょうたんやまこふん

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうたんやまこふん【瓢簞山古墳】

滋賀県蒲生郡安土町宮津に所在する前方後円墳湖東平野に突出する観音寺山の西麓にほぼ北西面して築かれ,全長162m,後円部径90m,前方部幅70mを測る。1935年に前方部で箱式石棺2基を発見し,1基から玉類,石釧(いしくしろ)を取りだした。翌年に滋賀県が発掘調査を行い,後円部から,古墳主軸に直交する竪穴式石室3基を検出した。中央石室は長6.6m,幅1.3m,高1.1mを測り,壁は整った板石積みである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android