コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓢簞山古墳 ひょうたんやまこふん

1件 の用語解説(瓢簞山古墳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうたんやまこふん【瓢簞山古墳】

滋賀県蒲生郡安土町宮津に所在する前方後円墳湖東平野に突出する観音寺山の西麓にほぼ北西面して築かれ,全長162m,後円部径90m,前方部幅70mを測る。1935年に前方部で箱式石棺2基を発見し,1基から玉類,石釧(いしくしろ)を取りだした。翌年に滋賀県が発掘調査を行い,後円部から,古墳主軸に直交する竪穴式石室3基を検出した。中央石室は長6.6m,幅1.3m,高1.1mを測り,壁は整った板石積みである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

瓢簞山古墳の関連キーワード安土安土城蒲生古墳前方後円墳双子塚竜王かがみの里車塚古墳後円部前方部

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone