コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅原末治 うめはらすえじ

3件 の用語解説(梅原末治の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

梅原末治【うめはらすえじ】

考古学者。大阪府生れ。同志社卒業後,京大考古学研究室助手を経て,1939年京大教授。特に中国の青銅器,古鏡の研究に尽力,《支那考古学論攷》《朝鮮古文化綜鑑》などの著書がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅原末治 うめはら-すえじ

1893-1983 大正-昭和時代の考古学者。
明治26年8月13日生まれ。同志社普通学校在学中から京都帝大考古学教室に出入りし,浜田耕作,内藤湖南らに師事。昭和14年京都帝大教授。銅鐸(どうたく),中国青銅器,古墳などの研究によって東洋考古学の基礎を確立した。38年文化功労者。昭和58年2月19日死去。89歳。大阪出身。著作に「鑑鏡の研究」「考古学六十年」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

うめはらすえじ【梅原末治】

1893‐1983(明治26‐昭和58)
考古学者。大阪府生れ。旧制中学卒業後,京都大学文学部史学科で資料整理に従事。内藤湖南,富岡謙蔵,浜田耕作らの指導で調査研究を始め,朝鮮古蹟調査にも参加。1925年から29年まで欧米諸国でアジア出土資料を調査,その関心を日本から中国およびその周辺の北方ユーラシア東南アジアなどに広げた。39年以降京大教授。緻密な資料観察と厳密な考証により,銅鐸,古墳,古鏡,中国青銅器の研究など,東洋考古学の研究基盤の確立に寄与した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の梅原末治の言及

【江田船山古墳】より

…日本で最も重要な古墳の一つで,多数の豪華な副葬品とともに,大王名を記した銀象嵌銘を刀背にもつ鉄製大刀を出土したことで知られる。1873年に多数の副葬品が掘り出され,1922年の梅原末治の調査と報告が基礎になって,さまざまな議論が交わされた。しかし古墳の構造と規模については,梅原による44,45年の調査,菊水町教育委員会による75年の調査が重要である。…

【北白川遺跡群】より

…上終町遺跡は1934年に小林行雄らが発掘し,縄文時代中期末の住居址1棟のほか,早期押型文土器,後期北白川上層式土器が発見された。小倉町遺跡は34年に梅原末治らが発掘した,近畿地方縄文土器研究の原点ともいうべき遺跡である。前期・後期の縄文土器に,石鏃,二等辺三角形の石匙,石錐,磨製石斧,石錘,玦状耳飾などが伴出し,赤色顔料で彩色した前期の浅鉢はとくに注意を引いた。…

【金鈴塚】より

…慶州古墳群のなかで最大の規模を誇る鳳凰台古墳や,金冠塚飾履塚(しよくりづか)に近接して築造されている。1924年に梅原末治によって発掘がおこなわれた。墳丘は半壊されていたが,埋葬施設である積石木槨部は完存し,しかも多数の副葬品が埋葬時の原形をとどめていた。…

【考古学】より

…20年代後半から第2次世界大戦にいたる間は編年学の時期といわれる。山内清男(やまのうちすがお)は縄文土器の,小林行雄は弥生土器の,梅原末治は古墳の年代づけを推進した。弥生土器の存在は19世紀から知られていたが,弥生時代の性格が明らかとなり,縄文時代,弥生時代,古墳時代という現在使われている時代区分の原型ができ上がったのは,30年代のことである。…

※「梅原末治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

梅原末治の関連キーワード安東聖空東竜太郎池宮城積宝市橋鐸木村廉中島実原田敏明宮本正尊諸根樟一山崎種二

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone