瓶華(読み)へいか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瓶華
へいか

投入ともいう。壺や瓶などの深い器に挿す生け花の形式で,盛花が浅い器に挿すのに対する語。文人生抛入花 (なげいればな) と類似語であっても,表現の対象を主観におくか客観におくかで,作品や様式も異なる。普通にみられる瓶華は「盛花瓶華」と組み語にすべき様式で,2部分構成であり容易に見分けられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瓶華の関連情報