コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盛花 もりばな

3件 の用語解説(盛花の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

盛花
もりばな

自由花ともいう。明治末期の自然主義時代に発生した生け花の一様式。浅い水盤など生け口の広いものに七宝,剣山などの花留を用い,自然の様相を主客2部分の調和で表現。また様式を無視してこの種の器に生けたものをいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もりばな【盛花】

いけばなの様式の一つ。明治時代中期,小原雲心によって創案された水盤にいけるいけばな。もり花と表記されていたこともあるが,伝統的には室町時代《花王以来の花伝書》にあらわれた草体の花にみるように,鉢または水盤に横ひろがりに構成し,自然の景観等を写実的に再現しようとする傾向をもったもので,立花(りつか)の〈砂の物〉形式などを新しく復活させ近代化させたものと見てもよい。盛花の初期には,鉢などに入れたなげいれ(抛入)であるとも理解されたが,式正の花としての立花や生花に対して,俗なるものと見なされていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の盛花の言及

【いけばな】より

…曲(きよく)・節(せつ)・時(じ)という三当を重要なものとした生花流派の遠州流は,とくにその花形に曲が多く流麗で,その美しい線の構成は,幕末から明治にかけて外国に紹介され,フラワー・アレンジメントに大きな影響を与えた。
[近代のいけばな]
 明治中期に盛花(もりばな)という新しい形式のいけばなが創案された。盛花ははじめは自然主義的なものであったものが,やがて洋花を使った色彩豊かな盛花が考案されるようになってから,洋風なテーブルの上に置くことのできるいけばなとして,大正年間にかけて非常に流行した。…

※「盛花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

盛花の関連情報