コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘酒売 あまざけうり

世界大百科事典内の甘酒売の言及

【甘酒】より

…醸造は祝組(ほうりぐみ)・神元(じんがん)・杜氏(とうじ)の3者がいっしょに,境内の醸造庫でつくり,神前に供えたのち神輿(みこし)の渡御に加わり,渡御が終わったのちに一般参加者へふるまいが行われる。このように特定の日に飲むのが甘酒であったが,近世以降は都市を中心とした大きな神社や寺院の境内,門前などで甘酒を売る店ができたり,甘酒売が町を流して歩くようになり,ふだんでも飲むようになった。【坪井 洋文】
[甘酒売]
 〈甘い,甘い〉と呼売して歩いた甘酒売は,昭和初年ころまで東京の下町では冬の夜のかかせぬ景物であった。…

※「甘酒売」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

甘酒売の関連キーワード甘酒

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android