コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生り木責め/成り木責め ナリキゼメ

デジタル大辞泉の解説

なりき‐ぜめ【生り木責め/成り木責め】

小正月の行事。一人が果樹を祝い棒でたたいたりして「なるかならぬか、ならねば切り倒す」とおどすと、もう一人が木に代わって「なります、なります」と言い、果実がよくなることを約束させるまじない。木呪(まじな)い。 新年》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

生り木責め/成り木責めの関連キーワード生らな切ろ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android