コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生命の哲学 せいめいのてつがく philosophy of life

1件 の用語解説(生命の哲学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生命の哲学
せいめいのてつがく
philosophy of life

生命の本質,起源,未来についての哲学的考察をいい生物学とは区別される。古くはアナクサゴラスエンペドクレス,荘子のような自然学的空想論もあったが,アリストテレスは同種のものが同種の子を産む時点をエンテレケイアといい,のちの生命哲学エンテレヒー概念の基礎を築いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の生命の哲学の言及

【生の哲学】より

…日本にも明治40年代以来ベルグソンとオイケン,大正期以降ディルタイ,ジンメル,オルテガ・イ・ガセットなどが紹介された。訳語には1911年(明治44)以来〈生命哲学〉,大正期以降〈生命の哲学〉〈生活の哲学〉〈人生哲学〉があるが,〈生の哲学〉は少なくとも1914年(大正3)以来の訳語である。 ベルグソンは分析的・概念的把握ではなく直観によってのみ把握される生の真相を純粋な〈持続〉と呼び,生の持続の緊張の弛緩した状態が物質であり,内的な〈生の飛躍(エラン・ビタール)〉により進化が生じるとして世界の創造的進化を説くが,この生の概念には歴史性,社会性が希薄である。…

※「生命の哲学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

生命の哲学の関連キーワード価値論クラーゲス数理哲学認識論文化哲学ベルクソン宇宙観《確率の哲学的試論》《言語――その本質・発達・起源》《物の本質について》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生命の哲学の関連情報