コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生活必需物資統制令 せいかつひつじゅぶっしとうせいれい

1件 の用語解説(生活必需物資統制令の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

生活必需物資統制令【せいかつひつじゅぶっしとうせいれい】

国民の消費生活規制を目的とし,生活必需物資の生産・配給・消費・価格などを全面的に統制するために国家総動員法に基づいて発せられた勅令。1941年3月公布。切符制度により主食・燃料などが配給割当てとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の生活必需物資統制令の言及

【統制経済】より

…〈物の予算〉といわれ,これにもとづいてしだいに民需が抑制されていった。すべての物資に配給・消費規制が強化され,41年4月には生活必需物資統制令が総動員法にもとづく勅令をもって制定されるなど,国民生活への統制も強まった。また世界的な物価高騰に対しては1939年10月価格等統制令を公布して物価統制を図った。…

※「生活必需物資統制令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone