コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生物素子 せいぶつそしbiochip

翻訳|biochip

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生物素子
せいぶつそし
biochip

生物・生体材料のもつ高度な信号処理能力を工学的に利用するための素子。バイオチップともいう。生物の有機物分子を蛋白質やシリコンなどの基板に載せ,そこからの出力をエレクトロニクス的に処理する。生体物質は高感度・高精度の分子認識・識別能力をもつうえ,処理の基本単位が分子レベルの大きさしかない。自然に分子秩序をつくる自己組織化の能力を使えば半導体素子の 100倍の高集積化が可能とされる。酵素反応や免疫反応を利用したバイオセンサ,チトクロームやバクテリオロドプシを電極に固定するコンデンサや光スイッチの研究が進められている。生物素子で構成するコンピュータをバイオコンピュータと呼ぶが,その原理をどうすべきかの定説はない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android