コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生野臨犀 いくの りんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

生野臨犀 いくの-りんさい

1808/11-1895 江戸後期-明治時代の漢学者。
文化5/8年生まれ。江戸の昌平黌(しょうへいこう)で安積艮斎(あさか-ごんさい)にまなぶ。幕府に海防策を提出するが,うけいれられず信濃(しなの)(長野県)に帰郷。明治の初め加賀金沢藩にまねかれ,能登(のと)(石川県)に櫛比黌(くしひこう)を開設した。明治28年2月9日死去。85/88歳。名は克長。号は痴雲,自得堂。著作に「自得堂文鈔(しょう)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

生野臨犀の関連キーワード明治時代漢学者