生養(読み)セイヨウ

デジタル大辞泉の解説

せい‐よう〔‐ヤウ〕【生養】

[名](スル)
育て養うこと。
「かくの如く福祥の想念を―し」〈中村訳・西国立志編
生活すること。生きること。
「今日天下億兆の相―する上に於て」〈加藤弘之・真政大意〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいよう【生養】

( 名 ) スル
養い育てること。 「居民は其土地に-せらるる/民約論

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐よう ‥ヤウ【生養】

〘名〙
① 養い育てること。転じて、教育すること。
※管蠡秘言(1777)「空気は物を生養す。然して火は滅尽するに至る」 〔管子‐形勢〕
② 生活すること。生きること。
※古文真宝桂林抄(1485頃)坤「聖人出て食物をくうて生養することを教ぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android