コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生駒親正 いこま ちかまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

生駒親正 いこま-ちかまさ

1526-1603 戦国-江戸時代前期の武将。
大永(たいえい)6年生まれ。織田信長,豊臣秀吉につかえ,諸戦に活躍。天正(てんしょう)15年(1587)讃岐(さぬき)(香川県)15万石余の領主となり,のち高松城をきずく。関ケ原の戦いでは西軍に属したが,東軍にくみした子の一正(かずまさ)に免じてゆるされた。慶長8年2月13日死去。78歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。別名に正成,近世など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

生駒親正

没年:慶長8.2.13(1603.3.25)
生年:大永6(1526)
戦国・江戸初期の武将。通称は甚助,官途雅楽頭。名を正成,近世,近規,近親と変え,最後に親正と名乗った。美濃国土田の生駒親重の子。母は美濃の曾根氏。永禄9(1566)年,織田信長に仕え,のち豊臣秀吉に従って,雑賀攻め,山崎の戦,賤ケ岳の戦など,秀吉の主な戦いに従軍して戦功をあげた。その間,近江国高島2万3000石,播磨国赤穂6万石などを経て,讃岐一国を与えられて高松城を築いている。慶長5(1600)年の関ケ原の戦では,秀吉の旧恩から西軍に属し出兵,のち山城国槙尾に隠退した。しかし子一正が東軍についていたので許されている。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いこまちかまさ【生駒親正】

1526‐1603(大永6‐慶長8)
安土桃山時代の武将。親重の子。美濃国土田に生まれる。織田信長,豊臣秀吉に仕え,近江国高島,伊勢国神戸,播磨国赤穂の領主を経て,1587年(天正15)讃岐国を支配し,高松城を築城した。また,堀尾吉晴,中村一氏中老職を務めた。関ヶ原の戦では西軍に属し丹波に出兵,敗戦後隠れたが,長男一正は東軍に属し,讃岐一国を安堵される。のちに許されて,高松に没した。【高木 傭太郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の生駒親正の言及

【讃岐国】より

…【棚橋 光男】
[近世]
 1585年(天正13)の豊臣秀吉の四国征伐で,讃岐には仙石秀久が入部してきた。のち尾藤知宣に代わり,87年には生駒親正が讃岐15万石に封ぜられた。親正は香川郡野原荘の海浜に高松城を,また西讃の支城として那珂郡亀山に丸亀城を築いた。…

【高松[市]】より

…人口33万1004(1995)。讃岐平野東部にあたる高松平野のほぼ全域を占め,香東(ごうとう)川河口東岸に発達する中心市街地は,16世紀末生駒親正が城を築き,またのちに松平頼重が高松藩万石の藩主となって入封して以来,城下町として栄えた。明治維新後1888年に香川県が愛媛県から分離して成立するまで曲折を経たが,それ以後県都として発展した。…

※「生駒親正」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

生駒親正の関連キーワード高松城(香川県高松市)高松城跡〈香川県〉香川県高松市香川県丸亀市丸亀[市]丸亀(市)高松[市]三重(県)高松(市)栗林公園松本助持丸亀城跡生駒一正大川紹偽真鍋祐重高松市神戸城高松藩丸亀城生駒氏

生駒親正の関連情報