コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生駒元説 いこま げんせつ

1件 の用語解説(生駒元説の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

生駒元説 いこま-げんせつ

1694-1759 江戸時代中期の医師。
元禄(げんろく)7年生まれ。生駒元珉(げんみん)の父。伊勢(いせ)(三重県)久居(ひさい)の人。養父生駒元竹の業をつぎ,法印となる。桜町天皇を診察し,宝暦5年宣春院の号をうけた。宝暦9年2月3日死去。66歳。本姓は小屋。名は光章。号は鶴州。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

生駒元説の関連キーワードナポリ王国大薩摩主膳太夫(初代)メアリー三井高利メアリ俳句(文学)大英博物館小鵜飼船太田全斎ゴドウィン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone