生駒雷遊(読み)いこま らいゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

生駒雷遊 いこま-らいゆう

1895-1964 大正-昭和時代の活動弁士,舞台俳優。
明治28年4月1日生まれ。日活の活動写真弁士養成所でまなび,大正6年東京浅草帝国館の主任弁士となる。徳川夢声とならぶ人気をえる。映画のトーキー化で軽演劇の俳優に転じ,昭和8年古川緑波(ろっぱ)らの笑の王国に参加,のち座長。昭和39年12月2日死去。69歳。岡山県出身。早大中退。本名は悦。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の生駒雷遊の言及

【軽演劇】より

…その一党が中心となって33年に浅草常盤座で〈笑いの王国〉が旗揚げした。役者として生駒雷遊(いこまらいゆう)(1895‐1964),山野一郎,古川緑波(ロッパ),大辻司郎(1896‐1952),渡辺篤(1896‐1977),関時男,清川虹子ら,作家陣に菊田一夫,大町竜夫,貴島研二,山下三郎らが加わった。一夜づけの脚本による,いわゆる〈アチャラカ芝居〉なる言葉はここから生まれた。…

※「生駒雷遊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android