コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日活 にっかつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日活
にっかつ

1912年吉沢商店,横田商会,M.パテー,福宝堂の4映画業者が合併して発足した日本最古の映画会社。旧名は日本活動写真株式会社。京都では尾上松之助を中心とした時代劇,東京向島では立花貞二郎らの新派による現代劇を作り,溝口健二,村田実,伊藤大輔らの監督陣を擁し,大正期から第2次世界大戦直前まで時代劇や素朴な文芸映画で固定ファンを集めた。第2次世界大戦中は映画企業統制にかかり,制作部門を大映に併合,以後興行会社として活動。 1945年社名を日活株式会社と変更し,おもにアメリカ映画の配給を行なった。 54年から自主制作再開に踏切り,『警察日記』 (55) ,『女中っ子』 (55) ,『ビルマの竪琴』 (56) などの佳作を生んだ。以後もっぱらアクション物を制作,石原裕次郎らの若手スターを用いてアクション・ドラマの全盛時代を築いたが,日本映画全体をおおう不況の波に抗しきれず,71年には制作を縮小,合理化をはかり,低コストによるポルノ映画制作に活路を開いた。またこの間,テレビ映画,ホテル,不動産など傍系事業も行い,69年には日本初のドライブインシアターを開設した。 78年に社名を「にっかつ」に変更。 88年,一時代を画したロマン・ポルノは衰退して終止符を打ち,同年新路線のロッポニカがスタート。しかし,これも業績不振で事実上制作から撤退。その後,若干の外国映画と「エクセスフィルム」の名で買い取った作品を別会社で配給していたが,93年7月会社更生法を申請,受理され事実上倒産。しかし,96年会社更生計画が認可され社名を日活株式会社に変更。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日活の関連キーワード市川 百之助(2代目)東京国立近代美術館小林 喜三郎浜口 富士子阪東 三江紫実川 延一郎江守 清樹郎赤いハンカチ伊佐山 三郎中野 かほる嵐 亀三郎曽根 秀介姫田真左久池永 浩久紅沢 葉子月野 道代武藤 章生市川 姉蔵森 英治郎小林喜三郎

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日活の関連情報