コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽演劇 けいえんげき

6件 の用語解説(軽演劇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軽演劇
けいえんげき

一般に風刺を含んだ軽快で滑稽な大衆演劇をさし,音楽劇としての要素をもつものが多い。典型的なものに,榎本健一二村定一らによる浅草水族館の「カジノ・フォーリー」 (1929年旗揚げ) ,古川緑波徳川夢声大辻司郎らによる浅草常盤座の「笑の王国」 (同 33) ,あるいは新宿座の「ムーラン・ルージュ」 (31年創設) の初期の舞台などがあげられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けい‐えんげき【軽演劇】

大衆相手の、こっけいや時事風刺を中心とする劇。昭和初期に東京で興り、昭和20年代まで盛行した風刺喜劇などをいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

軽演劇【けいえんげき】

大衆演劇の一ジャンルジャーナリズムにこの言葉が登場したのは1931年ごろといわれる。モダンで軽妙さをもった〈アチャラカ〉(西洋風を意味する〈あちら〉の転じた語)と呼ばれる喜劇からレビューストリップショーまでを含む。
→関連項目菊田一夫ボードビルムーラン・ルージュ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けいえんげき【軽演劇】

日本においてある種の大衆的な演劇をさしていう言葉。この言葉がジャーナリズムに現れたのは,1931年ごろといわれる。同時に〈大衆演劇〉という言葉も普及しはじめ,その中で意識的に新しい演劇運動をおこそうとした派が〈新喜劇〉または〈軽喜劇〉という言葉を使った。前者は〈旧劇〉である歌舞伎に対する〈新劇〉〈新派〉という言葉と同様の趣旨のもので,後者は,ライトコメディの訳語といえる。いずれにせよ,このような軽演劇が起こった最も大きな原因は,23年の関東大震災以後の不景気である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けいえんげき【軽演劇】

(本格的な芸術としての演劇に対して)軽い娯楽と風刺に富んだ大衆劇。昭和初年からの用語。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軽演劇
けいえんげき

大衆演劇の一ジャンル。昭和初期から流行した新しい趣向の喜劇で、1929年(昭和4)東京・浅草に旗揚げされた「カジノ・フオーリー」がその最初である。それまでの日本の喜劇といえば曽我廼家(そがのや)劇に代表される大阪喜劇が主流を占めていたが、これら旧道徳性、因襲性に彩られていたものとはまったく異なり、当時流行のジャズ、レビュー、ボードビル、アメリカ喜劇映画のドタバタギャグなどを取り入れたモダンな喜劇で、当時の都会的風潮を背景として浅草を中心に発展、新しい流れをつくった。「軽演劇」の語は、1932年(昭和7)ごろ、当時盛んに使われた重工業・軽工業ということばに例えてつくられた用語であるが、これは規模の小ささを表すものではなく、その手法、すなわちスラプスティックなギャグを骨子としたナンセンス喜劇をさしたもので、それ以前はレビュー式喜劇とか単にレビューとかいわれていた。
 カジノ・フオーリーからは榎本(えのもと)健一(エノケン)がコメディアンとして売り出し、32年に松竹へ引き抜かれて浅草松竹座へ出演、歌舞伎(かぶき)などの名作古典をレビュー化した喜劇を数多く上演して人気を集めた。33年には浅草の常盤(ときわ)座に「笑(わらい)の王国」が旗揚げされ、互いに覇を競い、また新宿には「ムーラン・ルージュ」が31年に誕生し、一つのエポックを築いたほか、各地に多くの同類劇団が生まれた。清水金一(シミキン)、木戸新太郎(キドシン)、森川信などのスターが輩出し、またなかには前衛的な色彩の作品もあった。しかし戦時色が強まるにつれ、この種の喜劇は世相をちゃかしたり、検閲台本にない台詞(せりふ)をアドリブでしゃべったり、とかく不謹慎との理由で弾圧を受け、戦後一時息を吹き返したものの、ストリップショーなどに押されて1950年(昭和25)ごろから急速に衰退し、軽演劇ということばも死語と化した。しかしその手法は現在もテレビや大小劇場に伝承されている。[向井爽也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軽演劇の関連キーワード児童劇前衛劇大衆演劇アマチュア演劇新劇運動大衆的中間演劇アジアマネー職場演劇民衆演劇

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

軽演劇の関連情報